Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
短編童話《夏の日の黒い香水壜》


 あめふりあめふりいやな雨……絵本の中のマリーちゃんはそう言うけれど、薄ももいろの小さな花びらに嫉妬するように降る、お花の頃の雨は、他人事のようには思えず、聞き耳を立ててしまいます。

 そんな頃を幾度重ねたことでしょう……もうずいぶんとお会いしていませんね。
 でも、不思議なことに、今の方がかえって身近に感じるのは、わたしが人を避け、過去の頁をめくることに日々を費やしているせいかしら?
 こうして筆をとったのも、抜け落ちたページや破れたページを、修復しようとしているのかもしれません……

 覚えていますか? あの小さな香水壜のこと。
 手紙や日記を整理しようと古い箱をひっくり返したら、過去の封印をとく時が来たよ……と、胸を打つ小さな一撃のような音を立てて、床に転がりました。
 黒檀と銀細工でできたそれは、幼い頃のわたしたちにはずいぶんと大人っぽくうつったものです。

 幽霊屋敷、と呼んでいた廃墟の洋館の、二階の鏡台の引出しの隅に、さみしく置き去りにされていたそれを、昨日のことのように思い出します。恐怖をのりこえるほどに強いあなたの好奇心に、あの頃のわたしはいつも羨望の気持ちを抱いていました。
 香水壜は交換日記と一緒に、一日交代でそれぞれの手元に、二人の宝物はいつでも交代で持っていましたよね。

 ……そう、あの夏の日のことを、いつか必ず言葉にしなければ……と思い続けてきました。
 思い返そうとしても、その記憶があの日の陽射しのように鮮烈すぎて道筋が途切れ、正確に辿れないほどです……
 海の近くに育ちながら、ふたりとも水が恐くて、それでも水玉模様の浮き輪やお揃いの水着を着たいばかりに、海へと向かいましたよね。

 あの日は、泳ぎの得意な同級生も一緒で、ふたりだけの海水浴とは違う、少し背伸びをしなければならない場面に直面して、ふたりとも強がって、おずおずと沖へ向かい、あまりの恐怖にわたしは小さな浮き輪をかかえていたけれど、勝ち気なあなたは同級生たちとともに、優雅に沖へと泳ぎ出しました。
 水面にきらきらと照り返す、のびやかな陽射しに包まれながら、わたしはだんだんと深くなってゆく海の底を想像して、皆がひきかえそうと言い出すのを神様に祈るばかりでした。

 そんな時でした。年頃の少女たちにありがちな悪ふざけ、海をこわがるわたしにちょっとだけ意地悪をするつもりで、わたしの浮き輪を遠くへほうり投げました。
 実際は、たった1メートルぐらいだったけれども、わたしは足先に感じていたほのぐらい恐怖に占領され、手足はこわばり、必死の形相で、永遠に辿り着けそうにない遠くの浮き輪めがけて、死との格闘をはじめました。

 ……不思議なものです。死と格闘しながら、もうひとり、死と格闘している誰かを認識しているのですから。
 決して冷静さの入る余地のない、極限状態におかれていながら、視界の端にうつった現象を認識し、判断する……そう、浮き輪を求めているもうひとりの誰か……その誰かよりも早く浮き輪にたどり着かなければ死んでしまう……

 それがあなただとはっきりわかっていました。
 ふたりが浮き輪をつかんだのは、ほぼ同時でした。そして、強い力でつかんだせいで、一瞬、浮き輪が沈みかけました。
 その時、とっさにわたしは、あなたから浮き輪を奪うように、あなたの腕を浮き輪からふりはらいました。

 ……死の恐怖への安堵とともに、死に匹敵する過ちと、自分さえ知り得なかった本性、それをあなたに知られたことへの恐れなど様々な感情が、あなたの驚きに満ちた、そしてかすかな笑みを含んだ顔と共に、一気に押し寄せてきました。
 ほんの数秒間の、二人だけの出来事でした。
 この期に及んでなお、このことをあなたが誰かに話はしないか、そればかりを必死に心配し、怯えていたことを思い出します。
 
 表面上は、何も変わりませんでした。
 いつものように手を繋いで一緒に登校し、夕方あなたの家で〈赤毛のアン〉をみたり、宿題をしたり、読書の競争をしたり。
 でもあなたとわたしの視線のやりとりの間には、常にあの日の出来事が横たわり、あの日以来、わたしはまっすぐあなたを見ることができなくなっていました。
 子供ながらにも、事の深刻さ、そして何よりも、自分自身の品性の卑しさに打ちひしがれ、謝ることが当然だとわかっていても、それを口にすることでかえって罪人の烙印を刻まれてしまうような、そんな恐怖に日々おびえていました。 

 しかし同時に、自分ではどうにもできない、わき上がる見知らぬ感情に、胸を痛めてもいました。
 それは罪人には不謹慎なほど、純粋で恥らいのある想いでした。
 そしてあなたのなかにも同じ想いがあることを確信しながら、しかし一度口に出してしまったら、泡のように消えてしまうことも、ふたりにはわかっていましたよね……なぜ、このような想いが、あの夏の日の後、ふたりの中に同時に存在したのでしょう……

 ただひとつわかることは、心臓の高鳴りを確認し合うすべを持ち合わせていなかったことが、二人をより強く結びつけていたこと、そして、一方では甘く、また一方では苦しいその関係が、もう二度と手にはいらないたぐいの奇蹟であったこと……
 こうやって冷静に判断できるのは、わたしが追憶の中で日々を生きている証拠かもしれません……

 ただただわたしは、あの日のことを書き留めたかったのです。
 わたしのひとりよがり、身勝手ばかりでごめんなさい……
 
 ふたりの香水壜、昔のように、やっとあなたに手渡せる日がきました。
 ここに同封します。


 From N
page top
短編童話《ミント風味のチョコレート》
くるみ割人形 に寄す



星々のひと粒ひと粒てのひらにくるみ割る夜の屋根裏の話 



ある友人がわたしの家を初めて訪れた時、玄関に置かれた季節外れのくるみ割人形について、二三訊ねてきた。わたしは事のいきさつを簡単に話し、軽く頷いたその友人が語ったことには、《くるみ割人形》にはもうひとつの隠された話があるという。数年前、ドイツの片田舎を旅行した際に、チョコレート屋の主人から聴いた話で、ミント風味のチョコレートを食べる度にそれを思い出し、複雑な気持ちになるという・・・



森が呼ぶ隣町からの歸り道
ミントの香り漂はせて呼ぶ



その昔間引かれたる子ら埋められし
涙あふれて森の泉(みづ)となり



その森を行き交ふ子らは丈一寸
(みづ)の祟りと森の人云ふ



(ぎょく)を吐く子らの排泄美しき
森のあちこち露の輝き



眞夜中に男來て捨てたる玩具箱
人形が列つくりて森へ



人形の玉(ぎょく)割り喰らふ暴虐に
靜かな森に血のさざなみが



(ぎょく)ひとつ玉(ぎょく)ふたつみつと潰されし
子らのいのちもひとつずつ消え



露のなき森光失せ腐敗せり
闇にのまれて地圖からも失せ



間一髮 子らの死骸を抱き森を拔け
オルゴールの音時折響く



母の聲 返事せぬまま屋根裏へ
痛ましき子ら弔い涙す



亡骸に涙あふれて玉(ぎょく)となり
夜空の果ての星々となり



わたしとその友人は静かにティーカップを置き、しばらくの間沈黙していた。ふと気が付くと夕暮れ時の室内は薄暗く翳り、人や物の輪郭が不明瞭なこともわたしたちの沈黙をより深くさせた。帰り際、玄関先のくるみ割人形を一瞥して友人が言うには、それと寸分違わぬ人形がチョコレート屋の棚にもあり、そしてそこの主人もまた、その人形にそっくりであった、と。
page top
短編童話《霧の中の娼館》
足型の香水瓶 に寄す

kirinonaka.jpg




王族が幽閉された歴史を持つその塔には、どこを探しても娼館の印はない。例えば薄紫色の帽子の縫いの目に、あるいはピンヒールの底の引っ掻き傷に、その娼館の地図はこっそりと刻まれている。わたし達の身の回りの諸々至るところ、しかし普段はあまり目にとめない陰のような場所に、その地図は小さく深く刻まれている。神経質で細やかな気質の人が気づくかと言えば、そうとも限らない。何かふとした具合、光線の関係とか湿度の変化とか、そんな一見無関係に思える現象が精密機械のようにかみ合って動き出した時、ミニアチュールのごとくその地図は姿を現す。

その娼館の外壁は古い石組と蔓性の植物で覆われ、見上げると、空へと打ち込まれた巨大な墓標のように、超然と屹立している。スペード模様の細工が施してある鉄格子が、ところどころ、かろうじて蔓性の植物の隙間からのぞいている。扉に違いないそれは、長い間ひとの訪れがないのか、それとも植物の成長が異常な速さなのか・・・ひとの来訪を歓迎しない様子である。その扉の前に今、地図を手にしたRは立っていた。

Rは塔の周囲をぐるりとまわり始めた。直径にして約4メートル、古びた塔とは対照的に、足下にはきれいに刈り込まれた芝が青々としている。やはり人の出入りがあるのだろうか・・・塔の詳細が判然としない中で、Rはなおも周囲を巡っている。ふと肌に、ひんやりとした冷えを感じたかと思うと、あたりに霧が立ちこめてきた。霧はまたたく間に塔を包み込み、Rは塔の外壁を手で探りながら、ふたたび歩き出すしかなかった。と、いままでとは違う触感が手に伝った。鉄格子から蔓性の植物が消え失せ、扉が姿を現しているらしい。扉は簡単に開いた。

塔の中へ入ると、鈍い音をたてて扉は閉まり、蔓性の植物がふたたび扉を封印しているような、かさかさとした摩擦音が耳に届いた。塔内は壁面に蝋燭がともり、薄暗く、上へと続く螺旋状の階段があるだけだった。Rは、深紅の絨毯が敷いてある階段をのぼり始めた。左側の壁面に規則的に現れる蝋燭以外は、これといって何もない。むき出しの石組の壁面は左側のみで、右側の壁面には玉虫色の緞子が張られていたが、そのことをさして不思議にも思わず、Rは上へと歩を進めた。

深紅の階段ばかりを見つめながらのぼってきたせいだろうか、異常な目の疲れを感じてRは立ち止まった。蝋燭の下の壁にもたれ掛り、瞼を閉じてしばらく休息をとった。そしてRがまた歩きだそうとした時、いままで緞子だけだった壁面に、ケーキ皿ほどの丸い額縁が飾られていることに気が付いた。それは金縁のたいへん豪華なものではあったが、不思議なことに、その内側には深紅の天鵞絨が張られているだけで、絵画などはおさめられていない。見渡すと、壁面のあちこちに、このような額縁が飾られている。Rは何気なくそのひとつに触れてみた。 

張られている、と思っていた天鵞絨には、短冊状にいくすじも切れ目が入り、Rの指は、その切れ目から額縁の奥へとすっと入っていった。思いがけない出来事にRは一瞬たじろいだが、もう一度、その切れ目に指を伸ばした。天鵞絨は伸縮性の素材らしく、切れ目を両手で開くと、ぽっかりと、深い闇が姿を現した。見つめるほどに、闇はさらに深く沈み込むような重さを増し、香水と体臭が入り交じったむっと籠もる匂いが、闇の奥からRの鼻をついた。

蝋燭の灯がかすかに揺れた時だった。緞子の壁の丸い額縁から、一本の足がぬっと現れた。それを合図に、方々の額縁という額縁から、足という足が次々に現れる。華奢な足、肉づきの良い足、幼さの残る足、肌に年輪が宿る足・・・そのどれもが白磁のような肌色で、ほんのりと薄紅がさしてある。腿から膝にかけてのなめらかな曲線、膝頭の盛りあがり、ふくらはぎの張り具合などが、蝋燭の灯に照らされて、銀粉を含んでいるように美しく輝いていた。腿のつけ根を縁取る金色の豪奢な額縁は、白磁の肌を調教するかのごとく、きっちりとそれら一本一本を締め上げていた。そしてそのどれもが、足先に黒光りのピンヒールを身につけていた。Rは、心臓を鷲掴みにされたような激しい胸の痛みを感じた。・・・ほかでもないRの足元にも、同じ黒光りのピンヒールがあった。 


この娼館は、時に来訪者にこの世の至福を与えるが、時に食虫植物のごとく、娼婦を捕獲する館と化す。Rが消えた後、階段にはピンヒールの靴跡がひとつ、黴の胞子で刺繍された図案のように、残されていた。

香水の一滴すなわち霧深き地からの呼鈴 肌をつつむころ
page top
短編童話《時計の精の一日》
「時計の精」の一日は、人間と同じ24時間に変わりはないけれど、「終わり」や「始まり」というものがありません。一日中全く眠らないので、人間のように、朝何時に起きて今日も一日がんばろうという切りかえがないのです。時々ご主人様がネジを巻くのを忘れて時計が止まったとしても、それは人間で言えば仮死状態におちいったようなもので、「時計の精」にとっては、休んだ、とか、眠った、という感覚はないのです。

「時計の精」の人生はもっか(・・・妖精にも人間と同じような感覚で「人生」という感覚があればの話しですが・・・)、ご主人様に時計を見てもらうためだけに費やされます。規則正しいストイックな動きとは裏腹に、並みいる妖精たちの中でも群を抜いてさみしがり屋のようです。妖精たちの多くは人間に見られることを極端に嫌うのですが、その人間に「勝手に」仕えている「時計の精」は、時に他の妖精たちから冷ややかな目で引き合いに出されます、「そんな調子じゃ、まるで時計の精じゃないか!」という具合に。 

ご主人様はというと、「時計の精」が自分に仕えているなどとは夢にも思わないので、無意識に、少し乱暴に扱ってしまうことがあります。この前も、腕時計をぽんと棚に置いたところ、ベルト部分の金色の金具が壊れる事件がありました。片腕がもげた状態で修理屋に担ぎこまれた「時計の精」はしかし、どこか嬉しげです。自らの身を投げ打って得たご主人様の愛情の証、とでも言わんばかり、手術痕を夜な夜なじっと眺めています。どうやら想像力が豊かで、空想好きの妖精のようです。

時計を見てもらうために、「時計の精」は休みなく動きます。「約束をさせること」「時計の針を少しずらすこと」、このふたつのいたずらが、「時計の精」が言うところの「愛情を集めること」の奥義だそうです。

ある時は、ご主人様が寝ている間に、『あなたのはな』という絵本を書棚から取り出し、台所の棚の上に隠しました。次の朝、寝間着のままでごそごそと家中を探し回るご主人様。どうやら今日の仕事の資料に使う絵本のようです。お昼ごろにはついにあきらめ、おもむろに受話器を取ります。「もしもし、あ、わたし。たしか『あなたのはな』、持っていたわよね? ちょっと見あたらなくて・・・貸してほしいのだけど・・・。うん、じゃあ3時にいつもの喫茶店で。」「時計の精」はいたく満足げです。

こんなこともありました。ある日、ご主人様がお友達との待ち合わせのレストランに着くと、そのお友達は少しふくれています。「遅いじゃない、30分も遅刻よ。」ご主人様はあわてて腕時計を見ます。時計の針は、約束の時間の10分前をさしています。「変ね、ネジ巻いたばかりなんだけど。」そう言ってご主人様は、時計を振ってみたりペシペシと叩いてみたりします。「時計の精」の満足げな顔が目に浮かぶでしょう? 

こんな風に、他の妖精たちとのつき合いもせず、せっせと自分だけの世界を追求している「時計の精」は、ご主人様に忠誠を誓っているように見えて、実はとても移り気です。あの日、レストランで待ち合わせをしたお友達のふくれっつらが、「時計の精」の琴線にいたく触れたようで、その場で華麗なる転身を遂げています。新しいご主人様はどのような空想をもたらしてくれたのでしょうか。「時計の精」のいたずらに、またあのふくれっつらをしているのでしょうか。

そのお友達とは、このお話を聴いているあなたかもしれませんよ。ふいに時計が狂ったりした時は、どうぞお仕置きを忘れずに!



 背の高い友人からの贈り物 tick?tack小さなハートと鼓動
page top
ビーダーマイヤーの棚
20060516001204.jpg

    アンティーク・キャビネットの
    小さく愛らしいオブジェの数々は
    お伽の国へと通じる扉のごとく
    その端々に
    幻想の魔力を秘めています 

    愛らしさの中に
    時に残酷さや冷徹さを覗かせ
    いったんその魔力に溺れると
    こちらの世界への帰路を
    絶たれてしまうような
    そんな危うさも
    同時に秘めています 

    オブジェへのフェティシズムを
    短歌と童話にのせて・・・
page top
短編童話《小さな国の月夜の話》
九谷焼香炉 に寄す



煙立つ摘星樓のその奧に焚く刑に臥す少年がひとり



皎々の月夜、決まって伽羅の香りがゆっくりと立ちのぼる樓閣が山の中腹にある。薄縹色に金の縁取りで唐草模様が刻まれた樓閣は、その国の人々から「摘星樓」と、深い憧憬と畏怖をもって呼ばれ、いにしえの教えより、それまでだれひとり近づく者はなく、悠久の時をかさねてきた。ある雨上がりの夕刻、琥珀の肌を持つ少年がひとり、人々の忠告を余所に山深く入り、それ以来、伽羅の香りが立つようになった。 

摘星樓とは、遠く彼方の星々を摘む処・・・。少年は毎夜樓閣で星を摘みそれを喰らった。それはそれはえも言われぬまこと甘美な風味で、喉を通り内蔵へと至る道すがら、砂糖菓子が沁み込むような快楽を少年の身に与えた。しかしその樓閣は、美しい星々を摘む代償として、少年の美しい琥珀の肌を焼くことを欲し、じりじりと真っ赤な炎で焼き尽くした。その苦痛たるや声をも失う程で、琥珀の肌は醜く黒々となり、煙をあげた。

次の月夜、無惨な姿でふたたび星を摘み喰らい、星々の残骸が身の隅々にまで行き渡ると、少年の焼けただれた肌はキラキラと蘇り、琥珀のなめらかさを取り戻した。しかしそれも束の間、また樓閣の炎に肌は焼かれ・・・伽羅の香りとはすなわち、星々の残骸と少年の琥珀の肌が焼けた匂い。ひとすじの煙と共に、その国の家々の調度の隅々にまで伽羅は届き、今日もまた、人々を眠りから覚ます。

永遠に繰り返される至福と苦痛の中で、その少年はひとり恍惚の表情と共に臥し、魅惑の伽羅の香りに包まれたその国の人々はやがて、口を失い匂いを喰らう人となって、摘星樓から流れくる日々の糧を待つようになった。 

むかしむかし、山々が美しくつらなる静かな湖畔の、小さな国の月夜のお話である。

page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ