Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/06/25(月)   CATEGORY: 随想録
A Midsummer Night's Dream
 夏至の宵、セラフィムの中元さまとピアニストの久保田恵子さまと共に音楽会《Candle Night ~fragments of lights~》に行って参りました。

 蝋燭の灯りのなかで初めて拝聴したmama! milkさまの音楽……メランコリックな音色が仄明かりに照らされたアコーディオンの蛇腹の深紅と相俟って、内省的な情熱を感じさせるとても好みの舞台でした。

 後半。haruka nakamuraさまの静謐なピアノの音色を時に汽笛の如きサクソフォンの重層的な音色が彩ります。風景画ような音楽で閉じた、格別な一夜……敬愛する方々と素敵なひとときをご一緒する歓びをふたたび味わうことができました。


 *


 夏至(ミッドサマー)と言えばやはり・・・


ヨゼフ・クロンハイム
《夏の夜の夢》ヨゼフ・クロンハイム画


 最も美しい季節と言われる英国の夏。
 夏の英国を知らないので想像するしかありませんが、妖精たちの舞うシェイクスピア《A Midsummer Night's Dream/夏の夜の夢》の場面が真実に思える程の美しさなのかもしれません。



   向こうの堤には野生の麝香草がおい繁り、
   桜草や頭を垂れた三色スミレが咲き、
   甘い香りのスイカズラや
   麝香バラや野バラがその上を天蓋のように覆っている。
   夜になるとティターニアは時々そこへ行き
   踊り疲れ、花に包まれて眠りに誘われる。
   そこでは蛇が艶やかな皮を脱ぎ捨て
   妖精が身を包むにはうってつけの着物を置いてゆく。

       ……『夏の夜の夢』松岡和子訳より





ヘンリー・パーセル《妖精の女王》より「優しい空気の精たちよ」
ソプラノ:エマ・カークビー/リュート:アントニー・ルーリー



ヘンリー・パーセル《妖精の女王》より「嘆きの歌」
カウンターテナー:フィリップ・ジャルスキー


 ここニッポンでは、昨今は温暖化の影響か初夏という清々しいあわいの季節があっという間にすぎ、梅雨が明けると紫外線と多湿と猛暑の狂想曲たる夏が来訪、夏が苦手な人間は恐怖するしかない日々ですが、大好きな英国文学の中には特別な季節として「夏」が登場します。

 この世で最も好きな書物、イヴリン・ウォー『ブライヅヘッドふたたび』にもこのような記述があります。

   always summer, always alone,
   the fruit always ripe,
   and Aloysius in a good temper. .....

  「いつまでも夏で、いつまでたっても二人切りでいられて
   果物が熟し、
   アロイシアスが機嫌よくしていてくれるのだったら。・・・」

   私はその夏を一緒に過したようなセバスチアンとして
   彼を覚えていたい。

       ……『ブライヅヘッドふたたび』吉田健一訳より



 セバスチアンのセロファンのように脆く儚い美しさが、英国の美しくも短い夏に重ねられ、涙なくしては読み進むことができない程です……。(上記の「アロイシアス」とは、セバスチアンがいつも行動を共にしているくまのぬいぐるみです♪)


 『ブライヅヘッドふたたび』の映像化はジェレミー・アイアンズ主演のドラマがありますが、納得いかない邦題《情愛と友情》で映画化もされています。トム・フォード監督作品《シングルマン》でコリン・ファースの恋人役を演じた美しきマシュー・グードがチャールス役、ベン・ウィショーが繊細な美青年セバスチアン役です。

 
セバスチアンの「always summer, ……」/映画《情愛と友情》より


hackett.jpg
美しきマシュー・グード(英Hackettの広告写真)


 セバスチアンの儚い美しさの底流にはもちろん、シェイクスピア『ソネット集』があります。


   君を夏の一日に喩へようか。
   君は更に美しくて、更に優しい。
   心ない風は五月の蕾を散らし、
   又、夏の期限が餘りにも短いのを何とすればいいのか。
              
       ……吉田健一訳より



(余談ですが……O・SA・GEブローチのキャッチコピーは↑へのオマージュです。
 「又、少女の期限が余りにも短いのを何とすればいいのか。」↓としています♪)

 Yes_Osage.jpg



 ジュリアン・ミッチェル『アナザー・カントリー』の舞台も「Summer, in the early 1930s」でした。


AC.jpg


スポンサーサイト
page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。