Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/06/11(月)   CATEGORY: 展覧会
半喪のパ・ド・ドゥ、幕。
ミストレス・ノール Mourning Objet Collection
《バレエ詩集~半喪のパ・ド・ドゥ~》アンコール展示
ちひさな文藝キャバレー《半喪のパ・ド・ドゥ》は無事終了致しました。

2hanmo_01.jpg
新作写真作品2点を加えて……
右上:《水面(みなも)の傷》/右下:《影の王国》



お越し下さいました皆々様に心より御礼申しあげます。
二度、三度と足を運んで下さったお客様もいらっしゃり、
感激で胸いっぱいでした……



今回は半喪の世界をよりゆったりとご堪能頂くためのお茶席
《ちひさな文藝キャバレー~半喪のパ・ド・ドゥ》も開催、
遠くは兵庫県から、乙女・淑女の皆様がお集まり下さいました♪

2hanmo_02.jpg
昼下がり……お茶席の準備が整い、静かにご婦人方を待つ半喪の小部屋

2hanmo_04.jpg
大切なお客様に心を込めて……
メニュー表、ティ・ナプキンとおしぼり(自社製品♪)、白蝶貝と純銀のカトラリー



《ちひさな文藝キャバレー》と名づけたのは、
サティがピアノを弾いていたことでも知られる
ベル・エポックの巴里のキャバレー
《シャ・ノワール(黒猫)》に憧れて。
お仏蘭西になれるわけがないので、極東の地らしく、
我が身の丈のごとく慎ましやかな集会を目指した次第♪

2hanmo_05.jpg
二日目のお客様:淑女舎のめえこ様とりりこ様(左)
セラフィム様の薔薇模様のドレスをお召しのおふたり(右)


初日はテンパリスト執事だったため、
素敵な皆様を激写することを失念してしまいました。。。

七色の歌声持つK女史、芸術に造詣の深い黒衣の麗人A女史、
いつもお洒落なライターのH女史、
ロマンチックイラストレーターの可憐な茶谷怜花嬢の
華やかなお席でした♪


2hanmo_12.jpg
三日目のお茶席に一番のりの麗しの天使画家・岸田尚嬢と埋男どん
皆様を待つ間、真面目に朗読の練習をする埋男♪




ちひさな文藝キャバレー“半喪のパ・ド・ドゥ"
[Menu]


半喪の時をやさしく告げる
薔薇水
チョコレートとチーズ菓子と共に……



談話の時間を彩る
温かな紅茶
北欧紅茶~アールグレイ

ダマスクローズジャムをそえて



朗読とオブジェによるちひさなバレエ詩
バレエ
死都ブリュージュ、半喪のパ・ド・ドゥ

バレエ台本と朗読……ミストレス・ノール



半喪色にささやく朗読会
死都ブリュージュ
朗読……ご参加のご婦人全員で



マリア様のご慈悲のようにやさしいお味
十字架と薔薇のケーキ
製菓:オトメチカ洋菓子店




2hanmo_10.jpg
薔薇水が運ばれたお茶席
ダロウェイ夫人の手袋をモチーフにした桃色のハンカチてぬぐいをティナプキンに♪
三日目のお茶席:埋男&岸田尚嬢、孤高のピアニスト・久保田恵子女史、
アネモネの憂愁なるアルト・バニラ女史、秘めやかなる画家・安蘭嬢


2hanmo_11.jpg
十字架と薔薇のケーキが運ばれてワクワクのお茶席
埋男(右上)も喜んでいる~♪


2hanmo_06.jpg
画家の安蘭さま、麗しのお姿を再び激写
セラフィム様のテレーズワンピースに拙作のO・SA・GEブローチを♪




お茶席では、ローデンバック『死都ブリュージュ』の一節を
ご参加のご婦人方全員で、順番に朗読しました。

2hanmo_16.jpg
朗読用に製本した『死都ブリュージュ』

女性の手から手へ、
丁寧に手渡される物語のなんという麗しさでしょう……!

幼きころ……
年の離れた従姉のお姉さんや独身の美しい叔母に
本を読んでもらうのが大好きでした。
それは、「大人の女性」という存在を
はじめて意識した瞬間だったのかもしれません。

母親の加護に満ちた肌合いとはニュアンスの違う、
少し余所余所しい、そして少し影のあるしずやかな朗読に
心をときめかせておりました。
幼い自分とは決して地続きではない、
永遠に手の届かない「大人の女性」に焦がれていた記憶……
囁くように語りかける朗読を愛している所以です。

お茶席での皆様の朗読は本当に美しく慎ましく、
幼きころの甘やかな時を彷彿とさせる、
追憶の中の「大人の女性」そのものでした♪

初日のお茶席では、美しい朗読の途中から雨が降り始めました。
それはまるでユーグの涙、ブリュージュに降る雨のようで
本当に心が震えました……


2hanmo_07.jpg
薔薇水を召し上がる三編み麗しき永遠の乙女・Sachi嬢と
敬愛する芸術家・セラフィムのデザイナー中元かおり女史♪
人形作家の森馨女史&栗栖有稀女史とともに
最終日を華麗に締めくくって下さいました♪


2hanmo_08.jpg
半喪の小部屋に佇むSachiさま♪ ご自身のブランドのお帽子も素敵!
オブジェ達も緊張中・・・



セラフィム様がお茶席の様子を素敵にご紹介下さいました!
→バレエ詩集~半喪のパ・ド・ドゥ~

お茶席や在廊時、セラフィム様の麗しきお洋服が大活躍。
訪れる乙女淑女の皆様のセラフィム様率もとても高く、
画廊内はさながら御伽噺の挿絵の一頁のようでした。

身に余るご感想、本当にありがとうございました。
「来世は英国人」の称号も賜りましたので、
神様、ここはひとつ4649です♪


2hanmo_15.jpg
ミストレス・ノール[バレエ鑑賞ノート]

アンコール展示では、バレエ愛を盛り上げるべく
これまで書きためたバレエ鑑賞ノート(一部)も出品。
久しぶりに読み返してみて己の傍若無人ぶりに赤面。。。
こちらをお目当てにお越し下さる方々もいらっしゃり、
嬉しいやら恥ずかしいやら……




半喪の小部屋を訪れて下さった全ての皆様に感謝を込めて……



page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。