Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/12/03(月)   CATEGORY: 展覧会
十四行詩、最後の頁
《英国文学十四行詩集》は明日12月4日が最終日
十四人で紡いだ最後の頁が閉じられます

Kiri_1.jpg倫敦の霧にかすむ、音楽家の静さま

Kiri_2.jpg精霊舞う倫敦の闇にまぎれる人影と作品たち

Room2.jpg現在のクリスマスの精霊、妖精アスタリスク、ティンカーベル、
マーレイの亡霊、そしてベツレヘム星人の棲む一角


Room_K.jpg霧の逍遥、精霊の言葉、霧の墓標の一角

Room6.jpgクリスマスツリーと冥府巡りの物語、ティム坊と祝福の光の一角

Room7.jpg美女と精霊、木馬とクリスマスの小箱、そしてGift


ディケンズの夢の小部屋
最後の一頁をそっと覗きにいらしてください

英国文学十四行詩(ソネット)
後期展示「クリスマス・キャロル」
12時〜20時
初台・ザロフ


お待ちしております

→The Sonnets
page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。