Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/02/18(月)   CATEGORY: SCRIPTORIUM
菫色の写字室、閉幕。
 HOLON タイポグラフィ作品展《スクリプトリウム》は、お陰様で盛況のうちに無事閉幕いたしました。


HOLON_1.jpg


 ご来廊下さいました皆々様に心より御礼申し上げます。森岡書店さんの美しき空間にて菫色のひとときを皆様と共有できましたこと、本当に嬉しゅう存じました。

 タイポグラフィと聖書という、私どもにとっては生活の中心とも言える題材の展覧会でしたが、一般的には少しマニアックな分野であるかもしれず、いつも以上に緊張の心地でお客様をお迎え致しました。


HOLON_3.jpg
菫色の沈黙に棲まう紙と文字たち……


 開幕してみると、皆様思い思いにスウリプトリウムの文字たちを楽しんで下さり、じっくりと時間をかけてご高覧下さるお客様が大変多かったこと、また、一度ならず二度ご来廊下さったお客様もいらっしゃり、過去の不遇の時代を思い返しながら、ただただ感謝するばかりでございました。

 初日と最終日は殊に多くのお客様がかけつけて下さり、ご挨拶やおもてなしが行き届かず反省しきりでしたが、沈黙に棲まう文字たちが、私ども以上に多くを語ってくれていたかもしれません。


HOLON_17.jpg
「スカーレット・マルタゴン(百合)」の書体で欽定訳聖書の「雅歌」を写す……
パラグラフ(段落)記号はオリーブの木♪



 悠久の時を経て脈々と受け継がれ、いま此処、私どもの掌にこうして届けられた聖書の奇跡を、頁をめくるたびに想いめぐらし、厳粛な気持ちになります。膨大なる言葉の森にそっと分け入り、少しのささやきも逃さぬよう心を澄まし、清らかな気持ちで小さな文字を辿る日々…… 
 「菫色は特別な色なのですね」と何人ものお客様からお声をかけて頂きました。私どもにとって菫色とは、物事のあわやかな隙間にそっと存在する時空間、どこまでも澄み渡った沈黙の場所をもっとも正確に言い表す言葉です。スクリプトリウムもその場所に存在させたい……制作とは常に、菫色を探す旅程でもあります。


HOLON_15.jpg
シルクスクリーン作品《ゲツセマネの祈り》


 その道行きで様々な奇跡や出会いがあり、この度のスクリプトリム、菫色の写字室が生まれました。


HOLON_16.jpg
《孤独の痕跡(あと)、地上の時間の残り、乾いた疵》デジタル写真、銀塩プリント


 制作の過程で、敬愛するピアニストである久保田恵子さまからR.M.リルケ詩集『マリアの生涯』(塚越敏訳・国土社・1986年刊)を教えて頂いたことは本当に大きな出会いでした。エレミヤの哀歌の世界にリルケの世界を重ね、写真作品《孤独の痕跡(あと)、地上の時間の残り、乾いた疵》と《やさしい肩》は生まれました。タイトルもリルケの詩からの引用です(一部、漢字を仮名に変更しています)。


HOLON_12.jpg
スクリプトリウム、書体の廻廊に佇む久保田恵子さまの美しき後姿♪


   イエスは ほんの一瞬 女性(マリア)の優しい肩に
   やがて永遠のものとなるその手を
   わずかに載せただけであった。
   ふたりは 春の季節の
   樹木のように、静かに
   しかも永遠に、
   ふたりの極度の交わりの
   この季節を始めたのだった。

        ……R.M.リルケ詩集『マリアの生涯』(塚越敏訳)より



HOLON_9.jpg
《やさしい肩》デジタル写真、銀塩プリント


 「森林の文化である独逸語圏では、定期的に森林を間引き(伐採)しないと地上に光が届かなくなるため、木こりたちがその役割を担ってきた。と同時に、雷などの自然現象による間引きも行われ、そのような場所は聖なる場所=リヒト(光)として大切にされてきた。そのリヒトを思わせる作品です」と、科学基礎論がご専門で、世界中の言語を習熟している方からご感想を頂戴しました。リルケの世界観を重ねたことを申し上げるとその符合に大変驚いていらっしゃいました。リルケの言う「痕跡(あと)」「空席」「間隙(かんげき)」の底流にある感覚を深い部分で理解したひとときでした。


HOLON_13.jpg
限定版書物《QUIRE〜エレミヤの哀歌》に納めた欽定訳聖書(KJV・1611年)の原文
嘆きの物語にふさわしき藍色の雁皮紙に……



 聖書やキリスト教への理解を深めるため、これまで神学者・加藤隆先生のご著作を拝読し、少しずつ学びを重ねてきました。そして、本当に光栄なことに、会期最終日、尊敬申し上げる加藤先生がご多忙にもかかわらずご来廊下さったのです! ……まるでオスカー・ワイルドのようなエレガンスを纏った先生を前に終始緊張しきりでしたが、さらなる感激の出来事などもあり、ただただ神様に感謝するばかりでございました。
 「旧約聖書はヘブライ語、新約聖書はギリシア語で書かれているので、それらの言語にも挑戦してみてはいかがですか」との大いなるご助言も頂戴し、スクリプトリウムの新たな目標も生まれました!


HOLON_14.jpg
マタイ受難曲に捧ぐ作品《St Matthew Passion》(左)
雅歌が題材の《園の中に住む者》(右)/リトグラフ作品



 また、初めて訪れて下さった青年(二度もご来廊下さいました♪)から、セルジュ・ルタンスの世界を思わせます…との嬉しいお言葉も! 敬愛する芸術家であるルタンスの香水「ローフォアッド」をひそかに身につけておりましたので、感激もひとしお……





 今回の展示はデザイン工房HOLON設立16周年を記念した展覧会でもありました。これまで手がけた約1,000冊の装丁の中から、代表作を時系列に並べ、各分野の方々から頂戴したコメントも併せて半立体のダイアグラム・オブジェに仕立てました。


HOLON_5.jpg
装丁年表、ダイアグラム・オブジェ
HOLON_7.jpg
装丁してきた書物群





 また、嬉しいことのひとつに、ノール作のブローチを身につけてご来廊下さる乙女の方々がたくさんいらっしゃり、心の中で号泣しておりました……皆様を激写することを失念してしまいましたが、幸運にも敬愛する画家・黒木こずゑ様を激写!


HOLON_11.jpg
いつもかわゆらしきこずゑ様♪ 作品《沈黙の聖女》と共に… 
ノール作のリボンとタッセルのブローチ(ブリティッシュグリーン)をお帽子に付けて……







 菫色の写字室にて聖書を写字すること、オリジナル書体を制作することはライフワーク。またいつか、沈黙に棲まう文字たちと共に皆様とお会いできますことを楽しみにしております♪


HOLON_4.jpg


 最後になりましたが、清廉なる空間を私どもに貸して下さり、会期中、様々にお心尽くしを下さいました森岡書店ご当主の森岡さまに心より御礼を申し上げます。






ROSE.jpg
会期終了の翌日、敬愛する静岡の医学司書・T女史より美しい薔薇の苑が届きました♪
page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。