Club Noohl
プライベート・プレス──書物と紙片にまつわるエトセトラ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/13(月)   CATEGORY: 物語のひとひら
〈ビーダーマイヤーの棚〉
20060601131313.jpg


 リーフ・ブック《刺繍刑》収録の童話集『ビーダーマイヤーの棚』シリーズは、内容に応じてイラストや写真、ニードルワーク(ビーズ刺繍)作品などを添えた小冊子です。第3号からは刺繍糸や蔵書票など、童話にちなんだおまけも同封しました。

 童話はすべて、思春期のころの記憶を題材にしています。純真なたましいと成熟しつつある知性とが折り合いをつけることを知らず、その迷いのままに日々ひたむきに過ごしていたころを懐かしく思い出しながら、綴りました。折り合いをつけることを身につけてしまった今となっては、もうあの頃のような繊細は望むべくもありませんが、せめて、あのころの印象のままに、書き留めておくことができたなら……と。

 第1号収録の『六つの異國風舞曲』は、双子のように過ごした、実在の友人とのお話です。同性に対する未知なる感情を言い表すことすら知らず、様々なモノやコトを無意味に媒介させつつ、その実、愛情を告白し合っている様は、今思い返すとなんと微笑しい様子でしょう……皆様もご経験ございませんか・・・

 永遠に、今のままがずっと続くと信じていたころの、少女の無謀をお楽しみいただけましたら幸いです。
page top
Copyright © Club Noohl. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。